標語のようなもの(曹洞宗)

ある曹洞宗寺院で掲げられていたお言葉集です。

小さな努力で人は変わっていく

身につけた智慧は一生の宝もの
壁にぶつかったら まず初心に帰れ

この世の悩み苦しみは私達の頭の中で流し続けている“想い“が作り出しているのである

名もない花も実をのこす 命ある限り美しい花を咲かせよう!!
極楽に住んでいる自分に気づく自覚を!!

幸せとは分数のようなもの 分母が欲望で分子は満足

失敗しない人は立派 失敗から立ち上がる人はなお立派

自己は自己の運命開拓者なり

「空」とは調和 色即是空 「色」とは目で見える物の世界 空即是色 「空」とは眼に見えない心の世界

この一年 人の長所を見て過ごそう

彼岸 
彼岸が来る 人は名誉・財産を得ても心落ち着かず、安心の出来ないこともある 
人として真の落ち着きと安心を得られたことが彼岸に達したと言うのである

花が咲いている 精いっぱい咲いている 私達も精いっぱい生きよう

壁にぶつかったら まず初心に帰れ

寒い日があるから暖かい日がありがたい

本気
本気ですれば大抵のことが出来る 本気ですれば何でも面白い 
本気ですれば誰かが助けてくれる

咲いた花より咲かせた雨や土を見るべし

大才が怠けるより小才が努力する方が勝つ(大山名人)

受身 
柔道の基本は受身
受身とはころぶ練習まける練習 
人前でぶざまに恥をさらす稽古 
受身が身につけば達人 
まける尊さが分かるから

般若心経の意味
色即是空(形あるものはなくなる) 空即是色(次のものが用意されている)

雨の日 風の日があってこそ生涯豊かなり

余計なことは考えるな これが禅の教えです

なければないで苦しみ あればあるで苦しむ

あやまちは人生を決めない あやまちの後が人生を決める

若い時に汗を流さなかったら 年を重ねての涙になる

心そこにあらざれば 見えども見えず 聞けども聞けず

心が変われば態度が変わる 
態度が変われば習慣が変わる 
習慣が変われば人格が変わる 
人格が変われば人生が変わる

好悪を問わず 人に誠を尽くすこと

朝は希望に起き 昼は努力に生き 夜は感謝に眠る

莫妄想 済んでしまったことは忘れましょう。今できることに全力を尽くしましょう。

えらい人になるより ありがたい人になろう

教うるは 学ぶの半ば 「書経」より

愛語は愛心よりおこる 「正法眼蔵」より

おごるなよ 月の丸さもただ一夜

徒に過ごす月日は多けれど 道を求むる時ぞ少なき

思いわずらうな。なるようにしかならんから、今をせつに生きよ。

とらわれないとは 握りしめないこと

咲くも無心 散るも無心 花は咲かず 今を生きる 坂村真民

出る月を待つべし 散る花を追うことなかれ

反省とは自分を責める事ではなく、自分をありのままに知ることである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です