曹洞宗の参禅会で聞かれたこと

”修行と悟りとは同じである。修行している状態こそ悟りである。坐禅修行の姿そのものが仏・悟りである。これを修証一如(しゅしょういちにょ)という”

”坐禅が終わったら、坐禅のことは忘れていい” (後堂老師)。

“仏道とは物知りになることではない” (同じ後堂老師)。

“臨済宗は宗教ではあるが、仏教ではない。真言、天台、チベットなどの密教は仏教ではなく、密教である” (西嶋和夫老師門下のお弟子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です