悟りを開いていると主張する曹洞宗の一派について

何故、こんなタイトルを付けているのかというと、現在の曹洞宗の主流は、故澤木興道老師を奉っており、澤木老師は、曹洞宗には悟っている者などおらん、と公言されていた方だからである。

井上義衍(いのうえぎえん)という老師の一派がそれである。井上義衍老師は故人ではあるが、そのお子さん(お弟子)が何人もおられ、「悟っている」を公言している。

現在YouTubeが盛んであるが、井上義衍老師の流れをひいた老師に、甲賀祐慈老師(耕月寺、静岡県三島市)という方がおられる。

信者の方がアップロードしておられるようだが、至極分かりやすい提唱だと思った。たくさんアップロードされており、このところ聞いているのだが、現在の曹洞宗の主流派(故澤木興道老師を奉る)のそれとはかなり違っていると思う。聞いたことのない方は必聴だろう。

ただ在家である今の自分には、澤木興道老師を掲げる派と悟り派のどちらが良いとも言えない。そこが歯がゆい点なのだが。これもまた迷いの一つなのかも知れぬ。

“悟りを開いていると主張する曹洞宗の一派について” への2件の返信

    1. コメントありがとうございます。
      在家の人たちに説明するのには、俗世間の言葉でないと伝わらないのでは無いでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です